さまざまなバストアップの方法

標準

体の内側から変えること

バストアップの方法には、いくつかのやり方があります。まずは、「体の内側から変える方法」です。バストというのは、女性ホルモンの一種である”エストロゲン”が活性化することによって、大きくなりやすい傾向があります。ちなみに、このエストロゲンを活性化させるには、”ボロン”と呼ばれるホウ素の一種が重要です。ホウ素は、キャベツやリンゴなど、食物繊維が豊富に含まれている野菜や果物に含まれていますし、大豆やわかめなどの乾燥類にも多く含まれています。

体の外から変える方法

体の外から変えるためには、自分のバストに合ったブラジャーを選ぶことも大切です。姿勢が悪くなると、バストが下がってしまいます。また、肩が内側に入っている、いわゆる巻き肩の人の場合には、バストが脇の方に流れてしまいがちです。ですから、自分のバストサイズに合ったものはもちろん、本来の位置にきちんとバストが戻るような補正ブラジャーを活用してみるのも効果的です。他に、近年では、育乳ブラと呼ばれる専用のブラジャーもあります。

ストレッチでバストアップ

バストやそのまわりの筋力を鍛えることによって、バストアップを目指す方法です。定番のストレッチですが、手軽に行える方法は、胸の前で手を合わせるストレッチです。胸の中心に合わさるように、合掌のポーズをとります。そのまま力を入れると、脇の下や肩、バストまで効いているのを感じることができます。他に、お風呂に入ったときに、体が温まっている状態でのマッサージも効果的です。このときには、力を入れすぎず、やさしくマッサージするのがポイントです。

胸を大きくするための成分が含まれたサプリメントが注目されています。ブログや口コミで広がり、手軽に試すことができるため若者に人気があります。